株式会社ジツタ

OWLで調査業務全般を省力化

飛騨市森林組合
2021年11月

調査図面

OWLで取得した立木位置図

立木位置図をAssist8に取り込んだ図

飛騨市森林組合様は2017年9月より、森林3次元計測システム OWL を使用されています。
OWL を導入する前は以下のようなお悩みをお持ちでした。

 

◆人によって調査データのばらつきがある。
◆調査をするのに手間がかかり、結局目測の場合が多くなる。
◆道具をたくさん持っていく必要がある。
→野帳、ポール、林尺、スマホ(カメラ)、図面
◆調査データの保管方法が煩雑である。

 

そこで、調査データのバラつきの軽減や、データ整理など調査業務全般の省力化を図る目的で OWL を導入されました。
OWL の導入後は以下のような効果を実感していただいております。

 

◆調査時の持ち物の軽量化につながった。
→OWLと図面、スマホ(カメラ)のみでOK
◆データ入力が不要のため、調査後の作業が楽になった。
◆3D 映像で樹木の形状を見ることができる。
→自分が行かなくても山林状況が把握できる。
◆取得したデータをGISに容易に移行でき、調査データの蓄積が可能となった。
◆OWL上で所有者境や、樹種境等を明示することが簡単にできる。
◆調査が早くなり、より精度の高いデータが誰でも取得可能となった。

 

本事例にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Top

お気軽にお問い合わせください。

製品・サービスに関することなどご相談ください。

TEL. 089-931-7175(平日 8:30~17:30)

メールでのお問い合わせ