株式会社ジツタ

林業ICT / スマート林業

FORESTRY
3Dシステム
アシスト Z
Assist Z

3Dデータで森林を可視化
簡単操作で一歩進んだ森林管理を実現できます

ドローン撮影写真データを元に林地の材積推定や造林補助申請図面を作成。
航空レーザー計測等の地盤データを使用すれば作業道の自動設計シミュレーション、流水・落石の計算など今まで把握できなかった部分を3Dで可視化!

主な機能

01

林地の材積推定

ドローン写真を解析した点群データから樹木の頂点を自動抽出!
立木本数・樹高・樹冠を自動で計算します。
各種計算式を搭載しており、胸高直径の推計まで活用できます!
経済林自然林などのゾーニング、所有者への説明、山買いの際の根拠として威力を発揮します。

森林の点群

樹頂点抽出

樹冠生成

02

ドローンによる造林補助申請帳票出力

ドローンによる造林補助申請への帳票作成に対応済み!
CAD機能を使ってオルソ写真や3Dの点群の面積や延長を簡単に算出し、測量野帳や実測図の出力を行うことができます。
今まで多くの手間と時間を要していた申請作業の短縮を図ることができます。

03

作業道の設計シミュレーション

地盤データ上に作業道の設計シミュレーションが行えます。
縦断勾配や切盛高、横断幅員、スイッチバックの有無などの作成条件を入力することで自動で路線設計のシミュレーションを行います。
土量計算やコスト計算、線形計算書の出力が出来ます。
作成された線形データをAndroidアプリケーションARUQに取り込み、GNSSナビゲーション機能を利用すれば現地踏査が効率的に行えます。

ARUQ

04

流域計算・落石シミュレーション

傾斜を計算し水の流れを可視化!
作業道の排水処置の計画や法面、路面の崩壊、濁水の流出などの災害対策の分析をすることが出来ます。
傾斜データから災害時の落石シミュレーションも可能です。

流域計算

流域計算

落石シミュレーション

導入事例

Top

お気軽にお問い合わせください。

製品・サービスに関することなどご相談ください。

TEL. 089-931-7175(平日 8:30~17:30)

メールでのお問い合わせ